精神科の選び方が分からない…

心の調子が悪い、気分が上がらない、そんな風に思った人は精神科に行くことを考えているかもしれません。風邪のように目に見える病でもなくて、自分に合った医師が見つかるか不安。そんな方がいれば、これを読んで、参考にしてみてください!

行くべき精神科の調べ方

まず、自分が通いやすい範囲で精神科・心療内科のクリニックをピックアップしていきます。すると、多くても10か所程度に絞られるはずです。そうしたら、それぞれの医師の得意分野を調べていきます。やはり、医師にも得意分野がありますから、発達障害のプロフェッショナル、うつ病のプロフェッショナルなど、自分に合ったクリニックの予約をしましょう。野球選手にサッカーの知識を聞く、なんてことをしても、効果がイマイチになってしまいますからね!

来院したらどうしたらいいのか

予約日に来院したら、医師と面談をします。しかし、長くても30分が限度です。簡潔に自分の状況を伝えましょう。あとは、医師から質問してくれます。不眠が問題であれば、睡眠管理表や睡眠薬の投与など、現状で必要な対応をしてくれます。しかし、「自分の心の問題は、こんなもので解決はしない」と思う方もいるかもしれません。そんな方も、何度も通ってみることをおすすめします。

何度か通って紹介してもらう

大怪我をしてクリニックに行ったら、紹介状を書いてもらって総合病院に搬送されます。これと同じように、何度か精神科に通うと、医師がより適切な病院を紹介してくれます。そこで初めて、自分に最も合った病院にたどり着けるということです。なぜ、そこまで面倒なのか。それはただ一つ、心の病気は目には見えないからです。
精神科に行くのは今どき当たり前。悩んで苦しんでしまう前に、早めに受診されることを、おすすめします。

気分の落ち込みを自力で回復することができない時は、新宿の精神科で診察を受けてみることが大事です。カウンセリングの時間を十分に取っていますので、安心して悩みを打ち明けられます。