酸洗いの基本的知識について

酸洗いとは酸性の液体が金属を溶かすという性質を応用したものです。これにより、機械加工でできたバリを除去して角を丸めたり、表面粗さをよくして光沢をもたらせたり、ミクロンオーダーの寸法調整をして高精度を実現することに貢献しています。さらに、液体に製品をつけるだけのシンプルな仕組みにより、設備投資が少なくて大量生産に向きます。パイプなどの長物や人や機械で扱いにくい大型の製品に対して、液体が流れ込んでいきますので従来仕上げ加工が実現できない製品に対応可能な工法なのです。酸性の液体の性質である防錆処理ももたらせますので腐食しにくいのです。

酸洗いの品質管理について

酸洗いはミクロンオーダーで溶かすという性質ですので、前工程の管理を徹底しなければいい品質が実現しません。つまりバリが大きすぎたり表面が粗すぎたりしては仕上げ加工の効果が得られないのです。金属に対応した酸性の液体の選定と処理時間を試行錯誤して前工程の品質を決めるのです。地道な作業ですがこれを経て、工程管理表などを用いて確実に管理することがポイントです。

酸洗いのその他の注意事項

酸洗いは酸性の液体を用います。酸性の液体は人体には有害です。皮膚に触れれば、やけどのような症状をもたらせますし、きつい臭いは、気分を害してしまい、最悪は中毒症状になります。保護具着用の徹底や換気設備や飛散防止対策が重要です。また、環境にも有害ですので河川や土壌に流出しないように、正しい処理ルートで処分することがポイントです。

酸洗いは、比較的安価に施すことが出来ます。製品を傷つけずに錆を落とすことが出来て、歪みがなく均等な仕上がりになります。